What’s in my flight beauty bag?

これから短期間で、スパイラルのような長距離フライトをこなさなければならないため、すこしでもフライトを快適に過ごす為にいろいろと思案中である。新型の飛行機は多少なりとも機内の乾燥が緩和されているとはいえ、リサイクルの空気にはかわりないので、スキンケアは怠らないようにしたい。

機内に持ち込むアイテムについては次回詳しくお話しするとして、今回は機内持ち込み用の『フライトビューティーバッグ』についてご紹介。まず一つは、下の写真の液体用クリアバッグ。国際線を利用する場合、液体はすべて各100ml以下の容器に入れ、ジッパーのついた透明のプラスチックバッグに収めることがルールなので、機内でスキンケアを行うためのビューティープロダクトを厳選する。

IMG_2290.JPG

IMG_2286.JPG
まずは写真下、
NUXEの化粧水
BIODERMAのメイク落とし
ORIGINSのオーバーナイト・マスク
この3つを無印良品の容器につめかえておく。

フライト時間によって多少の違いはあるものの、最初の食事を食べ終えた瞬間から臨戦態勢に入る私(笑)。メイクをして飛行機にのることもあるし、ノーメイクの時もあるけれど、まず必ずBIODERMAのメイク落としできれいに顔の汚れを落とす。その後、化粧水、Estee Lauderのオーバーナイトリペア、Kiehl’s のフェイスクリームの順で保湿して行く。そしてこれからが肝心。ORIGINSのオーバーナイト・マスクを指に多めにとり、顔全体に伸ばしていく。マスクといってもクリアタイプなので、顔が少々テカって見える以外は大きな変化はないのでご安心を(苦笑)このマスクを塗れば、数時間放置したままでもお肌に潤いが注入されていくので、本当に安心!念のため、目のエリアにアイクリームをのせておけば、目尻もしっかり潤ってくれる。(今回はAROMATHERAPY ASSOSIATESのアイクリームを使用)

Kiehl’sのリップバームで唇をボディグリームで手や爪をケアしたあとは、ヘア美容液を髪全体に軽く伸ばして乾燥から守る!すべて完了したら、映画を観るなり、アイマスクをして眠るなり、好きなように過ごしています。お水をたくさんのむことも忘れずに!デオドラントはAesopのものを使用。

上記のアイテムに加え、フライトビューティを完結させるためのプロダクトの準備も怠らずに。ここでは、普段使っている小さめのポーチ(透明の方が機内では見やすいかも)を用意し、下の写真のアイテムをすべて投入!
IMG_2120

・メイク落とし用の綿棒&コットンはマストアイテム(写真2右上)!
・機内フェイシャル(苦笑)用のヘアクリップ(写真2右上)
・ミラー(お気に入りの“女優鏡”ヒョウ柄)
・アイマスク
・折りたたみ式ヘアブラシ
※着陸直前になって、ささっとメイクが出来るよう、簡単なメイク道具を常備しておくのもポイント。
・携帯用ファンデーションブラシ
Estee Lauderのダブルウェア・リキッドファンデーション(リキッドなので空港ではクリアケースの方に入れて!)
Estee Lauderのコンシーラー(目の下のクマを隠すのに大活躍)
MACのブロット・プレスト・パウダー(肌の乾燥加減では割愛も)
SLEEK make-upのチークブラッシュ
REVLONのアイブロウカラー(かなり使い込んでいる…)
RIMMELのコンパクトなアイシャドーパレット
血色がよく見えるように、口紅を軽く塗っておくとフライト疲れを隠すことができるので、お試しあれ!携帯用の歯ブラシと歯磨きチューブ、ティッシュ、ハンドワイプ、頭痛薬も決して忘れてはならないアイテム。そんなに!?と思うかもしれないが、これがあるのとないのとではお肌のコンディションも大違い。これで、フライトの後も乾燥&吹き出物知らずのお肌に。

Advertisements